高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか

セカンドカーとして車種を考える人も結構います。

高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか 一家の中にメインの一台とは別にセカンドカーを所有する人は意外と多いと言えます。ご主人用とは別に、奥様用というセカンドカーも多いです。ほとんどの場合、メインの車よりも少し小さい車種が選ればれることが多いと言えます。小回りが効くという理由でしょう。買い物などに出かけるには、小さな車の方が便利ですから。ご主人がミニバンなどに乗っておられると、1500CCクラスの車を甲奴ううされることが多く見受けられます。また、軽自動車をセカンドカーにされているご家庭も多いようです。同じ車種を2台所有していても、余り意味が無いからと言えるでしょう。使い勝手が変わると言うことがメインになると思うからです。軽自動車をセカンドカーに選ぶのは賢いやり方だと言えるでしょう。

経費が乗用車とは比べものにならないからです。車庫証明の必要性もありません。車を2台所有すると言うことは非常に大変なことです。1台だけでも苦労するのですから、余裕が無ければ無理と言えるでしょう。家の周りを見渡しても、駐車場に2台の車が入っているというお宅は多いです。やはりそんなお宅を見ると、裕福なのだなと思ってしまいます。うらやましがると言うより、一種のあこがれと言えるでしょう。出来れば、マイカーとは別にもう一台車を所有したいと思います。それが出来るだけの稼ぎが欲しいです。生活が安定しないことには、車を2台所有するなんて事は出来ないと考えるからです。

Copyright (C)2022高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか.All rights reserved.