高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか

その車種専用のカー用品は意外と多いです。

高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか 専用品となると、他の車種には使えないので、汎用品の方が売る側にとっては利益が多いはずだ、ところが最近のカー用品は、フィット感が非常に大切で、汎用品のように取りあえず装着は可能というのでは全く売れない状態となってしまいました。その点車種ごとの専用品であれば、ピッタリと装着できるのが当たり前で、数多くの商品が登場しています。もちろん、ある程度販売されている車両で無いと、専用品は作ることが難しくなります。メーカーもその当たりが悩みどころで、作ってもすぐモデルチェンジが行われると売れ行きに大きく響いてしまいます。そのため、これは行けると判断すれば、すぐに試作を行い、良ければ販売する形になります。

もちろん、ユーザーが欲しくなるモノを作ると言うことが前提になるので、市場調査もちゃんと行う必要性があります。車種専用とすることで、他の車種には使用できないので、どれだけユーザーにアピールできるかが大きな課題となります。昔は、カー用品で一発当てればビルが建ちましたが、これだけユー^ザーの要求が多様化している現在の場合は、ポテンヒットが出れば良いという程度で、爆発的なヒットが出ることは皆無と言えます。ユーザの中には、車そのものよりも、欲しいカー用品がr¥あるのデコの車を買うなんて人間も結構いて、そんな方達を喜ばせるように、メーカーもがんばっています。商品が多様化していて、カー所婦二は驚くほどの商品が並んでいますが、その中からヒットするのはほんの少数でしか無いと言うことです。

関連サイト情報

Copyright (C)2022高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか.All rights reserved.