高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか

カーナビを付ける人が多く、車種にオプションで付いてきます。

高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか 昔は車に地図を絶対に積んでいたモノです。ところが最近は地図を見ることの出来ないドライバーが非常に多くなっています。そのことも有りカーナビが日寿に流行っています。テレビのCMでも、今ならこの車種を買うとカーナビが付いてくるとか、先着何名にカーナビプレゼントなんて映像が出ています。確かにカーナビは非常に優れていますし、最近のモノは映像もうまく作られていて、その交差点にいることがすぐ分かる工夫がされています。コンビニやガソリンスタンドの表示は当たり前ですし、目的地のs¥ちかくで食事がしたいと思えば、カーナビにインプットするだけで、その場所へと案内してくれます。また、渋滞情報などもきっちりととらえ、画面上に表示するだけで無く、こちらを通った方が早道ですなんて道案内もその都度行ってくれるなど大変便利になったいます。

また、地図情報も、ネットで新しく書き替えることが出来たり、バージョンアップなども行える様になりました。困るのは、直前で案内が終わることです、目的に近くまでは教えてくれますが、その周辺で案内は終わり後は自分で探せと言われている気がすることです。さらにカーナビが付いていても、データが明日腰古いと、田んぼのど真ん中を走っていたり、高速の出口が分からなくなったりと、不便なこともあります。さらに、地図を読めない人眼が非常に多くなっていると言うことです。地図の上部が北だと言うことを知らない人間もいてます。カーナビが無いと何処にも行けないという人間もいることが困った現象だと思います。

関連サイト情報

Copyright (C)2022高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか.All rights reserved.