高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか

昔はどんな車種にもカーラジオしか付いていませんでした。

高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか 自動車にカーラジオが付いたのは1930年代の初頭だと言うことです。そのこから、カーオーディオの歴史は始まりました。AM放送だけしか聴けなかったカーラジオがその後ほとんどの車種でFMも聞けるようになり、80年代に入るとカセットテープを搭載するようになりました。その当時は、デートのために、好きな曲をカセットに入れて車を走らせル何で事が若者の間で流行っていました。80年代の後半には、カセットテープがCDへと変わり、90年代にはデジタルオーディオへと変わっています。2000b¥ねんだいに入ると、ナーナビとカーオーディオが合体した商品も生まれ、ハードディスクに数多くの曲を入れられるようになりました。

今ではUSB端子の付いたカーオーディオが数多く登場しています。僕が車に乗り始めた頃には、ようやくカセットデッキが当たり前になっていました。標準装備で付いた居たのはAM/FMラジオでした。そのため、カー用品屋へ走り、カセットデッキを買ってきて、自分でせっせと付けました。昔は、買ったカー用品を自分で付ける問い運は当たり前の行為でしたから。考えてみるとそれから35年カーオーディオだけを考えても非常に便利になったと思います。昔は、カセットが社内に氾濫していたモノですが、CDになり、場所を取らなくなりました。カセットケースも当時は結構オシャレなモノがありましたが、CDになると、いかにもケースという感じのモノが増えました。車も進化しましたが、それを取り囲むカーオーディオも大きく変化したと言えます。

関連サイト情報

Copyright (C)2022高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか.All rights reserved.