高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか

どんな車種にでもカーコンポを取り付けることが可能です。

高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか 昔は、どんな車種でも一本ずつ配線を引く必要がありましたが、最近では、コネクターを接続するだけで、簡単にカーコンポと車両との配線が終わってしまいます。昭和40年代ぐらいまでは、カーラジオが一般的でしたが、40年代も後半に入ると、カセットできっきが登場し、今では、デジタルオーディオが接続せきるUSB端子付きのCDコンポまでが登場しています。この40年ほどの間に車を取り巻くオーディオの世界は激変したと言えるはずです。アナログから今ではデジタルへと完全に移行されています。正直デジタルサウンドは嫌いですが、便利さという点では遙かにデジタルの方が楽です。これでもう少し音が良くなってくれれば言うことなしと言えます。今の若者は、生活の中に音楽があるという感じで、街中でも音楽を聴きながら歩いているぐらいです。

当然の事ながら、そんな彼らにとって、車の中の空間で音楽が聴けるのは当たり前のことだと言えるのです。もちろん我々の世代でも、車の中で音楽が聴けることは嬉しい現象です。カーラジオを聞いていると結構ためになるのですが、音楽を聴いてリラックスしながらドライブをするというのも必要だと考えます。そんなことを可能にしてくれるのがカーコンポだと言えるのです。願わくばもう少し安くなってくれれば言うことなしです。ダッシュボードにカーコンポが入っているのは現代では当たり前と言えるはずだからです。良い音楽を聴きながら、楽しくドライブをする、それが理想だと考えます。

Copyright (C)2022高級車種でありながらコンパクトカーというのは矛盾でしょうか.All rights reserved.